読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【マイケル・ムーア】シッコ【最高傑作】

先進国で唯一、健康保険が企業任せのアメリカで、病気だが保険が降りずにまったく治療が受けられない市民たちの絶望を描いたドキュメンタリームービー。マイケル・ムーア監督作品。

なんで健康保険に入ってるのにお金が出ないの?

保険が効かない場合、医療費の個人負担っていくら?

今のアメリカの医療制度はいつ頃から始まったの?

アメリカ以外の国の医療制度ってどうなってるの?

映画を見れば上の疑問はすべて解決します。

マイケル・ムーアの主張とその表現手法は彼の全作品で一貫している。経済価値偏重のアメリカ政府と企業に対する批判、カナダ・イギリス・フランスとさらになんとあの国まで取材した国際比較、そして田舎やスラムなど下層に生きる市民たちの現実と、彼らとともに行う半分冗談のような直談判。。。医療が受けられな世界では普通の医療が受けられるということがこんなにも感動的だとは。後半俺は涙をこらえきれなかった。国保がいかに素晴らしいか、その事実を徹底的に見せつけられる映画だ。