読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死霊館 エンフィールド事件

ソウのジェームズ・ワンによる人気ホラー映画の2作目。 両作とも実話の怪事件を基にした霊的なホラーで、2作とも大好き。 ホラー好きには絶対にオススメできる。

ホラーとしてのカメラワーク + BGM の演出は完璧すぎてお手本的な安定感がある。そもそもソウが怖かったけど、今回の霊的なホラーの描き方についてもジェームズ・ワンは本当によく勉強している。日本的なしっとりと怖いホラー演出も完全に踏襲していてもはやぐうの音も出ない。

1, 2 をあえて比較すると、 2 のほうがドーンと驚かせる演出が多い。 1 は抑える美学があったけど 2 は逆に派手な見た目で怖がらせる演出をして差別化している。いろんなホラーを観ている人でもそれぞれ良さがわかると思う。

このシリーズの1番好きなところなんだけど、中年夫婦探偵チームが怪事件解決に挑む様、これがまさに X ファイル風で、なんだか応援したくなってしまうんよね。シリーズ化する前の1作目から既にわかっていたことだけど、 2人で悪霊の存在を疑いながら立ち向かう姿は完全にモルダー&スカリーだし、俺はなんだかんだこのテンプレを求めていたんだなと。

この前提が気持ちの入れ込み方に大きなアドバンテージとなっているが、たぶん X ファイル興味ない人でも物語はホラー以上の王道展開なので全然楽しめる。 ホラーとしてのクオリティを前面に押しがちだけど、孤独な天才夫婦の愛を題材にした深みのある脚本、70年代世界観など、完成度はホラーの枠を超えています。 1, 2ともホラー以上に物語として素晴らしいんだよ。ホラーで夫婦愛ってなんだよって思いながら実際そこが見どころで激アツで俺は泣けた。ホラー史的金字塔なんじゃないか。

前作を観ていなくても充分楽しめるけど、前作を踏襲している部分があって、2作目は奥さんが霊能者とかそういう余計な説明が全くなしで展開する。それでも違和感ないのがすごくよい。これは正統派続編のあるべき姿だ。

奥さんがマリリンマンソンに似ているって書いている人がいて、おいおいって思っていたけど実際似てるし、悪魔は完全にマリリンマンソンなので、マリリンマンソン親類バトル映画とも言える。

これ以上書くと呪われそうなので、是非観てください。