読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

斑目晴信の恋

身近に非常に美人な女性がいる。男勝りの性格で、積極性とリーダーシップに富み、そして話もうまいので、一緒にいると楽しい。だから近頃のオレは勝手に一方的に浮かれた気分である。だが別にそれっぽい脈も無いのがよくある状況だったりする。

『げんしけん』というマンガが大好きで結構読んでいる。このマンガはアキハバラに出入りする大学生たちがおたくサークル内で繰り広げる人間模様を描写した作品だ。登場人物はアニオタやゲーオタ、レイヤーなど、いかにもそれっぽい人ばかり。サークル内のミーティングでは流行りの萌え系のアニメの良し悪しを議論するような連中である。主人公の笹原はエヴァの碇シンジをさらにつまらなくしたような味気ない男なのだが、彼の先輩として登場する斑目晴信は、無駄知識と執拗なこだわりに満ち溢れた怪キャラで、作中で圧倒的な異彩を放っている。オレは彼の強烈な個性と癖のある挙動に心をがっしりと掴まれてしまった。彼を見ると高校時代のおたく友達を思い出してしまい、うれしい苦笑がこぼれてしまう。

劇中ではサークルの主な活動であるコスプレや同人誌制作に絡めて、ほろ苦い恋愛関係も展開していく。分かりやすいヒロインは、春日部さん。イケメン兼おたくの高坂を追いかけてサークルへ入ってしまった彼女は、アニメ的な活発な性格の女性ゆえに、はじめはおたくたちとの距離が相当あった。だが持ち前のリーダーシップとかわいい外見を活かして、いつしかげんしけんメンバーの中でも輝く存在になっていく。

そんな明るくて屈託のない彼女に、斑目は惹かれてしまう。彼女への思いを胸に秘めている彼は、高坂となんとかうまく付き合っている彼女に近寄る術を見つけられず、人知れず悩む。部室で二人きりになってはドギマギし、一緒に飯を食いに行っては余計なことばかり考えてしまう。表面的には厳つく振る舞う彼の内面は、彼女への思いと共に、自分はおたくだから、自分はイケてないから、彼女には高坂がいるから、という勝手なあきらめと切なさに満ちている。

ああ、これってオレじゃん。似たような思いは、もしかしたらたくさんの人が感じたことがある。好きなヒトに対する気持ちと自分とのギャップに悩む彼、斑目は、オレの昔の友達などではなく、実はオレ自身の姿を投影していたんだ。勝手に萎縮していくオレと、明るくて人気者の彼女。そんなオレとあのコの関係もまた、斑目と春日部さんだ。